「目指せ!アングラー」カテゴリーアーカイブ

ほとんど釣りをしたことがない40代のサラリーマンが,息子にせがまれて釣り人を目指す奮闘記でしたが,今は息子(投稿名:TOMOYAMMA)が写真を選んで自分で文章を書くようになった釣り日記です.

色々な池で釣り【目指せ!アングラー#23】

今回は1年ぶりにちがうポイントに行ってきました。ブラックバスらしき魚が何回もはもんをたてました。ここではカニカマでブルーギルを3~4匹釣りました。

次は,別の場所に来ました。ここもしばらく釣りはいってませんでした。タックルがすくなかったのでカニカマでチャレンジ。すると,ブルーギルがひょこんと出てきてパクッと喰いました。すかさずあわせると,まあまあ良いサイズのブルーギルが3匹釣れました。

(この投稿は息子が書きました)

雨でも釣り【目指せ!アングラー#22】

今回は,ザアザア降りの中で釣りにいきました。最初はいつもの場所からスタートです。釣り人は一人しかいません。ここでは釣れず,場所を移動しました。

次は,あんまり来ない場所に来ました。ブルーギルが泳いでいたので,たちよってみました。ここでも釣れず,きょうは釣れないのかな~とおもいました。

次は,ぼくが信用するポイントに来ました。赤虫でアシの中をチョンチョンと探ると,パクッと喰ってきました。この調子で今日は二尾釣れました。

(この投稿は息子が書きました)

猪苗代湖で釣り【目指せ!アングラー#21】

今回は,猪苗代湖に行ってきました。まずは,上戸浜で釣りをしました。しかし,釣れませんでした。だけど,エビがたくさんいてとって帰りました。

次は,十六橋にやってきました。ニゴイが泳いでいて,ミミズで誘ってみました。すると,近くに寄ってきました。しかし,スルーしていってしまいました。残念!

つまらないので,鬼沼という所にいってきました。エビがたくさん泳いでいたので,つかまえました。他にもたくさんの生き物を捕まえました。

それがこちらです。生き物の名前は,ふな,タイコウチ,小魚,エビです。

(この投稿は息子が書きました)

カニカマでブルーギル【目指せ!アングラー#20】

今回もいつもの池にいってきました。天気は曇り,釣れなさそうでした。魚の反応はありましたが,喰うところまではいかず,釣れませんでした。

しかし,運良く晴れてきました。餌を買うのを忘れたので,初めてコンビニで餌を買いました。それが「カニカマ」です。

早速試してみたところ,入れた瞬間にブルーギルがくってきました。コンビニの餌で初めてつれました。

(このページは息子が書きました)

裏磐梯で釣り【目指せ!アングラー#19】

今回はまず,秋元湖で釣りをしようと思いました。しかし,陸釣りができるところが見当たらず,近くで小さな池を見つけました。

早速釣り竿を持ってきました。すると,小バスが泳いでいました。反応はありましたが,喰うところまではいかず,釣ることはできませんでした。

今度は,曽原湖の近くの沼にいきました。オイカワがいたので,毛針を使いました。反応はありましたが,喰いませんでした。

午後は,桧原湖に行きました。結局は釣れず,今日もまた練習ということになりました。


(この記事は,すべて息子が書きました)

桧原湖で釣り【目指せ!アングラー#18】

 久しぶりの晴れ.絶好の行楽日和となった今日は,久しぶりに桧原湖まで出かけました.桧原湖はワカサギ釣りで有名ですが,スモールマウスバスの釣り場としてもメッカとなっています.

桧原湖の中で

 緊急事態宣言が解かれたとはいえ,県をまたいだ移動は自粛する状況であるため,人出はとても少ない裏磐梯でした.見かける車は,会津や福島,郡山,いわきなど,県内ナンバーがほとんど.

 寂しい感じではありましたが,鳥のさえずりや新緑の風景が流れ,裏磐梯と桧原湖がとても爽やかに,そして美しく感じられました.

裏磐梯(奥のとんがった山が磐梯山)と桧原湖

 桧原湖では当たりはなし.小さな魚や水生生物が目の前を泳いでいたため,網を持ってガサガサをしたところ,ヨシノボリが4匹,エビが1匹とれました.

ガサガサで水生生物をつかまえた

 さて,場所を変えて,こちらは桧原湖の近くの沼.ここにブラックバスが泳いでいるではないですか.ワームでやってみましたが,「パクリ」と食いついたけれども,惜しいところで外れてしまいました.

近くの沼.真ん中に大きめのブラックバスが...

何回かトライしてみましたが,惜しいところで釣れませんでした.

ブラックバス

 最初のころに比べると,だいぶコツをつかんできたと思います.ワームを使って,ブラックバスが食らいついてくるところまで釣りが上達しました.
 生き餌ではなくてルアー(ワーム)で釣れるのも,もう少しなのかなと思います.頑張れ.(私は応援するのみ!)

初フライリールでブルーギル【目指せ!アングラー#17】

 緊急事態宣言も解除され,久しぶりに釣りに出かけました.新しい生活様式ということで,まだ「3密」を避けた行動を行わなければなりませんが,釣りは屋外でやっていることと,隣同士で密接すれば糸が絡まる状況なので,3密にはならないということで,いつもの池にいってきました.

 外出自粛中に,フライリールを買いました.毛針だと,ブルーギルやブラックバスの食いつきがいいのです.早速試しにやってみました.

すると,まあまあできるじゃぁないですか.

そして,ブルーギルが釣れました!!

ちなみに,ブルーギルを引き寄せてくるときに,デカバス(大きいブラックバス)が追ってきました.しかし,喰うところまではいかず...

管理釣り場で大物ゲット【目指せ!アングラー#16】

 強風,そして雪交じりの雨が降る中,どうしても釣りがしたいという息子.猪苗代町の県道沿いに磐梯フィッシングロッジという管理釣り場があって,ルアー釣りと餌づりの2種類が選べるようになっており,今日は,餌づりのリリースコースをやってみることにしました.

 こちらのご主人は浪江町出身の方で,奥様とともにとても親切に対応してくれます.常連客と思われる皆様も丁寧に釣りの仕方などを教えてくれて,さらに料金がとても良心的なので,とても好きな釣り堀でありました.
 今日は,とても天候が悪くて,ご主人も「こんなに天気が悪くて大丈夫? 時々戻ってきて暖まりながらやりな」と言ってくれました.
 うちの息子曰く,「雨の日こそ,魚はつれるんだ!」.

 奥に見える大きな池は,ルアー・フライ・テンカラ釣り専用の池.何回か試したことがあるけれど,1匹も釣れたことがない! そして,手前の池が餌づり専用の池.釣れる魚はニジマス.

 餌がぽろぽろ落ちてしまうので,つけ方のコツを教えていただき(餃子の皮を包むように針につける),何度かトライしてみると,

ニジマスが釣れました.
キャッチアンドリリースなので,魚に触らないようにして丁寧に池に戻します.

なんと,初心者にもかかわらず,50cmくらいの巨大ニジマスがかかった!大物である!
息子曰く,「きっと,雨の日だったので警戒心が弱まっていたんだ」...本当かな?

1時間で十数匹が釣れました! 寒いので延長せずに帰りました.寒い日に釣りをしたくない私は,冬はいつも「寒いと魚が動かないから釣りはできないよ」と言っていましたが,「寒くても釣れるじゃん!」と言われました.

桧原湖でわかさぎ釣り【目指せ!アングラー#15】

初めてワカサギ釣りに行ってみました。冬は釣りにいけないので、ワカサギ釣りがあった事を思いだしました。早速、桧原湖に行ってみました。(ともやんま筆)

小学生の息子から、ワカサギ釣りに行ったことを更新するように!とのことで、思い出しながらアップしました。冬でもできる「ワカサギ釣り」。

裏磐梯の桧原湖がメッカとなっていますが、今年の冬は究極の「暖冬!」、いつもは白く結氷するのに、全く凍っていません。それでもドーム船で釣りを楽しむことができます。

ドーム船の中はこのとおり。床に穴が開いていて、釣り糸を垂らして反応がくるのを待ちます。ストーブ付きで快適。えさは赤虫、手作りの電動リールで「ピクピク」ときたら、ボタンを押して糸を巻きます。

釣れました~! バケツに入れます。

だいたい2時間くらいやったでしょうか。釣れたのは5匹。これが多いのか少ないのか。。。

岸に戻る船の中で、他の釣り人から「何匹つれた?」と聞かれ「5匹」と答えたところ、「おじさんのをあげるから」と言われてビニール袋いっぱいにワカサギをいただいた。

みんな数十匹、百匹を超えるくらい釣っているようである。「5匹」と聞いて「可哀想だな」と思ってもらったらしい。家で早速天ぷらにして、ありがたくいただきました。

小名浜港で初の海釣り【目指せ!アングラー#14】

 冬は釣りのシーズンではない.家の近くの池も氷点下にもなって,魚が動いていない.しかし,海に行けば釣りができるのではないか? ということで浜通りの小名浜港に行ってみた.

 アクアマリンふくしま水族館の脇に,釣りができるエリアがある.看板でもちゃんと案内がされていて,誰でも気軽に海釣りができるようになっていた.

左の地図の黄色い部分が釣りができるエリア

 海釣りでは,カレイなどが釣れるらしいが,餌はどうすればよいのか.最初は,池で鯉をつるための練り餌をつけてやってみたけれど,スマホで調べてみると,海釣りでは「イソメ」という餌をつけるらしい.

 そこで,イオンモールの裏側にある釣具屋へいって,青イソメを買ってチャレンジした.

これが青イソメ.

 さすがサンシャインいわき!日差しも明るく,中通りより温暖に感じる.でも,風が吹くとやはり寒い.埠頭の先端で糸を投げた.

 周辺でも釣りをしているひとが結構いて,釣れている人もいた.潮の流れが速いため,仕掛けが流されて隣の人の糸と絡まって「おまつり」したこともあった.

 結果は何も釣れなかったが,餌がなくっていたことが多く,きっと食べられてしまったに違いない.

小名浜港で海釣り

 海釣りにもはまってしまいそうな感じでした.また来たい!