「港区」タグアーカイブ

泉ガーデンタワーと六本木グランドタワー【東京考察#360】

Izumi Garden Tower and Roppongi Grand Tower

泉ガーデンタワー

 泉ガーデンタワーと六本木グランドタワーは麻布通り(地下鉄南北線六本木一丁目駅)を挟んで並ぶ,住友グループが行った再開発事業である.

 泉ガーデンタワーは,住友会館や民家等があった場所を,六本木一丁目西地区第一種市街地再開発事業によって再開発を行い,地上45階建てのビルに生まれ変わった地区で,2002(平成14)年6月に完成した.
 地下鉄南北線の六本木一丁目駅(2000年開業)と直結しており,南北線の開業によって生まれ変わった街である.敷地内には,賃貸マンションである泉ガーデンレジデンスやイベントホールの泉ガーデンギャラリー,美術館の泉屋博古館分館がある.
 ちなみに「泉」とは,住友グループの屋号「泉屋」からとったものであるとのこと.

南北線六本木一丁目駅の改札前.駅から直結している.

泉ガーデンタワーの案内板.

レストラン街もある.

昼休みは階段で一休み.坂を利用して再開発が行われているので,階段によって導線が確保されている.

中央縦に2本の溝があるように見える部分は,かごが屋外に出ているエレベータ.2基ある.とても暑い日だったからか,今日は運転されていなかった.ガラス張りの外壁が特徴.

 日本最大級の75人乗り大容量シャトルエレベーター(東芝製)が4基設置されている.昼休みになると大勢の乗客が降りてくる.
  まずは24階の乗り継ぎフロアーまで大型のエレベーターで乗客を運び,そこからさらに各階をつなぐローカルエレベータに乗り換えるという仕組み.

展望用大容量エレベーター.72人乗り.速度は分速240m(時速14.4km).

美術館「泉屋博古館分館」は休館中だった.


住友不動産六本木グランドタワー

 住友不動産六本木グランドタワーは,旧日本IBM本社や旧六本木プリンスホテルなどの跡地を再開発したもので,泉ガーデンタワーとは麻布通りを挟んで向かい側に位置する.2016(平成28)年3月に完成し,オフィス棟・レジデンス棟・商業棟の3棟でつくられている.
 オフィス棟にはテレビ東京の本社が入っており,1階には「テレ東本舗」が併設されたタリーズコーヒーがある.

テレビ東京とタリーズコーヒーがコラボしたショップ「テレ東本舗」.

関係者しか入場できないため,訪問者は左側の画面からコンタクト情報を入力して入場していた.

入場ゲート.

31階以上の高層階にいくには,29階の乗り換えフロアーまで移動して各階のローカルエレベーターに乗る仕組み.

六本木グランドタワーの外観

案内パンフレットの1ページ.

隅田川の水上バス(東京都観光汽船(TOKYO CRUISE))【東京考察#357】

Tokyo Cruise(Sumida River water bus)


水上バスの船内から


日の出桟橋(乗船地)

浅草から日の出桟橋までの隅田川水上バスは,ツアーコースなどにも組み込まれており,一度は乗ったことがあるかもしれない.現在は,「東京都観光汽船(株)(TOKYO CRUISE)の隅田川ライン」と「(公財)東京都公園協会の東京水辺ライン」の2つが運航されているが,昔から馴染みがあって運航本数が多いのは,前者の東京都観光汽船の水上バスである.

浅草と日の出桟橋を約40分で結ぶが,浅草からの便のみ,途中,浜離宮に立ち寄るルートとなっている.お台場や高層ビルやマンション,築地市場跡地,そして技術的にも評価の高い隅田川にかかる橋梁を眺めるなど,普段とは違った視点で東京を眺めてみるのも面白い.

今回は,日の出桟橋から浅草まで乗船した.


日の出桟橋までは,ゆりかもめの「日の出駅」から歩いて行くと便利.駅のエレベータ内には,水上バス乗り場の案内が貼ってある.


シンフォニーと書かれた建物が最初に見えるので,ここが水上バスのりばかと思ってしまうが,こちらはクルーズ船「シンフォニー」の乗船ターミナル.水上バスはさらに奥(左手側)となる.


ターミナル前には大型バスが待機できる駐車場がある.ツアーでは片道乗船として,バスを先回りして乗客を乗せる.


こちらが水上バスの乗船のりば.


中に入るとまずはCafe.奥に券売機と桟橋がある.


カフェのメニュー.チョロQのお土産も買った.


時刻表.浅草までの隅田川ラインの他に,お台場ライン,東京ビッグサイトラインなどがある.


チケット.大人780円.


パンフレット.


桟橋を歩いて乗船となる.今日の船は「竜馬」定員560人.


後部デッキ.天気が良いとガラスの仕切りを開けることができる.


2階船室


1階船室


1階船室の前に売店がある.アルコールも販売している.航行している途中で船内販売もある.


後ろのデッキからの眺め


他の水上バスとすれ違う.こちらは東京水辺ラインの船.


柳橋.神田川の合流点.


清洲橋.耐震補強工事をやっているため,全姿は見られず.足場の形が富士山のよう.


売店でカフェを注文すると,専用のカップで渡される.東京の名所がイラストで入っている.


東京スカイツリーが見えてきた.


吾妻橋の下側!


浅草に到着.水上バスターミナルは新しい建物になった.


浅草の水上バスのりば.浅草駅のすぐ近く.


浅草・隅田川ライン(降船地)

イタリア街(汐留シオサイト5区)【東京考察#300】

The Italian town ( The Shiodome Siosite 5 Block )


イタリア街


 イタリア街(シオサイト5区)は,汐留の土地区画整理事業の再開発によって誕生した街区である.線路東側の国鉄貨物跡地の再開発にあわせて実施した再開発であるが,イタリア街のある西側は昔からの地権者がいる地域であった.そこで新たな街づくりを進めるに当たって,銀座や六本木とは差別化された街として「イタリア」を目指すことになった.この街づくりを進める上で,参考にした街が,イタリア北部にあるレッジョ・エミリアという人口14万人の都市であるという.

ファミリーマートもイタリア風の外観に

イタリア風
  
この街区に入ると,イタリアにタイムスリップしたようになる.

花壇も置かれている

後ろの建物がイタリア街の建物

線路を越えると,港区立イタリア公園がある

東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーション(六本木)【東京考察#289】

The Christmas illuminations in the Tokyo midtown ( Roppongi )


東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーション
(芝生広場ゾーン)


 今年(2009年)もクリスマスのシーズンが近づいてきた.東京ミッドタウンでは,2009年11月12日から12月25日まで,クリスマスイルミネーションが行われている.特に見所なのは,ミッドタウンガーデン内の芝生広場ゾーンに設置されたイルミネーションで,青色の発光ダイオードが一面にきらめき,まるで宇宙空間に身を置いているような感覚になる.白色のイルミネーションが流れ星となって流れ,大きな天の川が大河となって動く.動きのあるイルミネーションの演出がされているので,芝生広場の前に立って,ひととおり一巡するまで光の演出を楽しむことができる.

地下に光を差し込むガラス天井には水が流れている

竹にイルミネーションがされている

吹き抜けてガラス天井となっている「プラザ」にあるイルミネーション

「ガレリア」の中からガーデン内のイルミネーションが見えてきた

芝生広場ゾーンから山のせせらぎゾーンにかけて

山のせせらぎゾーンの道路沿いのイルミネーション
きらきらと白いしずくが流れ落ちている
まるでシャンパンの泡のようだという声も聞こえた.

東京タワーも見える

芝生広場のイルミネーション
まるで宇宙空間のようで,幻想的だ.

間近で見られる

山のせせらぎゾーン

おまけショット!
 
六本木ヒルズのイルミネーション

有栖川宮記念公園(南麻布)【東京考察#286】

The Arisugawanomiya memorial park ( Minami-azabu )


有栖川宮記念公園


 有栖川宮記念公園は閑静な広尾(住所は南麻布)に広がる公園であり,周辺には外国大使館が点在していることから,外国人の姿も多く見られるところである.江戸時代には盛岡南部藩の下屋敷として使用されていたが,1896(明治29)年に有栖川宮威仁親王の御用地となり,有栖川宮家が途絶えたあとは同家の祭祀を引き継いだ高松宮家に継承されていた.その後,1934(昭和9)年に東京市に賜与され,1975(昭和50)年からは港区に移管されて現在に至っている.
公園内は起伏に富んでおり,広尾駅側から坂を登ってあがったところに都立中央図書館があり,テニスコートや野球場もある.周辺は閑静な高級住宅地であり,地図を見れば一目瞭然のとおり各国大使館がずらずらと建ち並んでいる.現在の天皇陛下がお生まれになった愛育病院や,外国人向けのスーパー「ナショナル麻布スーパーマーケット」などもあって,周辺を散歩しながら,おしゃれなオープンカフェで一休みするのもいい.

休日には外国人家族がお散歩
周辺には大使館も多く存在している.

池で釣りをするひとも多い

池にはビオトープもある

池の先は階段となって登りとなる

有栖川宮の像

166万冊の蔵書,35万冊の開架図書をもつ都立中央図書館
学生時代,図書納入のアルバイトで通っていたことがあった.

外国人向けに各国の食材を扱う「ナショナル麻布スーパーマーケット」
珍しいものが置いてあって面白い.

有栖川公園の入口(広尾駅側から)

骨董通りと南青山界隈【東京考察#272】

The Kottou street and the Minami-aoyama neighborhood


南青山5丁目界隈

 


 骨董通りは,青山通り(国道246号)の青山5丁目から六本木方面へ伸びる道路で,かつては高樹町通りと呼ばれていた.骨董品や古美術の専門店が多いことから名付けられたが,今は高級ブティックの方が多い.この道路の裏側は,南青山の路地裏が広がっており,静かな環境の中で小さなブティックやショップがぽつりぽつりと開いていて,ぶらりと散歩気分で歩いてみると面白い.

骨董通り
ぱっと見た感じでは,何もない通りに見えるが,
歩いてみると,ブティックやショップが開いている.
あまり派手な看板などはなく,こじんまりとオープンしている.
 
 
 
 骨董通りから一歩,裏路地に入ると(南青山5丁目),狭い道路沿いに小さなブティックが建っている.
 
 
 
 

東京タワーの特別展望台【東京考察#270】

The special observatory in Tokyo Tower


美しき東京タワー


 東京タワーは2008年12月23日に開業50周年を迎えた.1958(昭和33)年の開業以来,自立鉄塔として世界一の高さ(333m)を誇っている.テレビなどの電波を発信する電波塔として役割を担ってきたが,2011(平成23)年に墨田区押上に東京スカイツリーが完成すると,その役割を譲ることになる(東京タワーの撤去は考えられていないのでご安心を).東京タワーは,時代遅れの観光地といったイメージがあって陳腐化していた感があった(東京タワーの足下にあるビルなんか昭和時代の匂いがプンプンと漂っていた)が,「ALWAYS三丁目の夕日」の映画などによって逆に昭和時代のノスタルジーが味わえる場所として脚光を浴びることとなり,また,お台場などの臨海副都心の開発が行われ,湾岸の風景も大きく変わったことで東京の景観にインパクトができたことなどによって,連休などには大展望台へ入場するのにも列ができるようになっている.

そんな東京タワーには2つの展望台がある.150mの高さにある「大展望台」と,250mの高さにある「特別展望台」である.
大展望台は,1階と2階の2層構造となっており,カフェや売店,神社などがあって,大勢の観光客が入ることができる.休日には階段も解放しており,約600段の階段を利用して上り下りすることも可能となっている.
特別展望台は,大展望台からさらに100m上(地上からは250m)にある小さな円形の展望台である.オープン当初は展望台ではなく,アンテナ整備などを行うときの作業台として使用されていたものを,1967(昭和42)年に一般公開したもので,なんとなく観光客向けに造られていない施設空間をうかがい知ることができる.特別展望台からの眺望は大変良いので,一度は登ってみたい展望台であるが,11名乗りエレベーターが1機しかない中でピストン輸送をしているので,待ち時間を覚悟して行かなければならない.ねらい目はオープン時間の9時に入場して特別展望台に真っ直ぐ向かうことである.
入場料は,大展望台まで大人820円,特別展望台まではさらに600円.特別展望台のチケットは,1階では購入することができず,大展望台で購入することになる.営業時間9:00~22:00.


1階ではノッポンがお出迎え.兄と弟がいる.こちらは兄.

1階のチケット売り場.大展望台までのチケットを販売する.
特別展望台へのチケットは,大展望台で販売している.

1階エレベーターホール
3機の大きなエレベータがあるが,
真ん中のNo.2エレベーターは外側にガラスが付いていないので
外の景色が楽しめないカゴとなっている.
動き出すとライトと音楽の演出があって楽しい.
大展望台の2階に到着する.
 
しかし,特別展望台へは,既に30分待ちとなっている.
大展望台は観覧せずに,早速チケットを購入するため列に並ぶ.
 
大展望台2階にある特別展望台(250m)へのチケット売り場.
 
チケットを購入してエスカレーターと階段を登ってエレベーターホールへ.
何か秘密の空間へ向かうようでワクワクする.

特別展望台へのエレベーターホール
ここでも長い列ができている.
  
エレベーターを待つ間,外の景色を眺めることができる.
特別展望台のエレベーターホール前の映像を見ることができる.

1機のみのエレベーター.定員11名程度.
1往復するのに約4分かかる.

エレベーターの中から.
重りとカゴが中間ですれ違うときに,風による振れを押さえるため,
「ガタン」と大きく衝撃が走る.これも楽しい.
 
特別展望台(250m).円形になっている.眺めは最高.遠くに富士山が見える.


こちらは大展望台(150m)
 
「LOOK DOWN」 大展望台1階には足下を覗ける窓がある.
 
下りはフットタウンのビル屋上(5階)で降ろされる.
 
2階のお土産売り場.
東京タワーの回転式カレンダーの置物を買った思い出がある.
右側は,東京タワー型のペットボトルに入ったミネラルウォーター.

帰りはノッポン弟がお見送り!

赤坂サカス(TBS)【東京考察#265】

The Akasaka Sakasu ( TBS )


TBS社屋

 


 赤坂サカスは,TBSの旧社屋の移転(隣地のTBS放送センターに移転)によりできた跡地に,民間ディベロッパーである三井不動産とともに再開発を行ったもので,2008(平成20)年3月20日にオープンした.もともとは「赤坂5丁目TBS計画」と呼ばれていたが,桜を咲かすという意味と,赤坂にたくさんある坂の複数形(坂’s)の意味を込めて「赤坂サカス」という名称が付けられた.赤坂Bizタワーの高層棟をはじめ,住居棟の赤坂・ザ・レジデンス,そして赤坂BLITZや赤坂ACTシアターもリニューアルオープンしている.
 
TBS放送センター 屋上のヘリポートが特徴的
 
多くの人で賑わっている
落ち着いた明るい茶色をベースとしている街並み
 
Bizタワー 商業施設も入る

Bizタワーの内部

TBSストアーは大行列
 
TBS放送センター前にあるサカス広場
いろいろなイベントなどが行われる

渡る世間は鬼ばかりの幸楽ラーメン

放送センター1階でもイベントを行っている
 
赤坂BliTZ(左)と赤坂ACTシアター(右)
赤坂ACTシアターではフラガールの舞台をやっていた

千代田線赤坂駅と直結している

羽田空港行きリムジンバス(お薦め路線・新宿発)【東京考察#253】

The Haneda Airport going limousine bus

リムジンバス(羽田空港)

 


 リムジンバスは空港への送迎を行っている路線バスで,羽田空港と成田空港では「東京空港交通(株)」で事業を行っている.リムジンバスは,空港までの路線バスの他にも空港内のランプバスと呼ばれる,搭乗ゲートと飛行機との距離が離れているときの輸送も行っているので,オレンジ色のリムジンバスを空港内で見かけることもある.昔の羽田空港ではよく空港内でリムジンバスに乗ったものである.
そんなリムジンバスは,都内をはじめ首都圏各地から空港までのネットワークが思ったよりも充実していて,都心ではホテルに直結して空港までの輸送を行っている.現在は,定時運行を確保するために渋滞情報をキャッチして迂回ルートを選んで走行したり,現在の所要時間をインターネットや携帯電話を使ってリアルタイムに見ることができるので,かなり利用しやすくなっている.
リムジンバスは首都高速を走行して羽田空港へ向かうが,窓の外に過ぎ去る都内の景色は見ていて飽きない.特にお薦めなのが新宿駅西口から羽田空港に向かう路線である.新宿駅西口の乗り場は京王百貨店の1階にチケット売り場があって,羽田空港行きは横断歩道をヨドバシカメラ方面に渡った向かい側にある.都庁脇を通って助走区間の短い新宿ランプから首都高に乗ると,新宿の超高層ビル街・明治神宮・新宿御苑の緑・皇居のお堀・紀尾井町のホテルニューオータニや赤坂プリンスホテル・東京タワーなど,続々と東京の名所を眺めることができ,さらに芝浦ジャンクションからは11号台場線に入ってレインボーブリッジを渡る.東京のダイナミックなビル群を橋の上から振り返ることができる.お台場を通過し東京港13号海底トンネルを抜けて,東海道新幹線の車両基地・大井埠頭の物流基地が見えると終点羽田空港となる.新宿駅から羽田空港まで片道大人1200円,所要時間は45分程度,電車よりも料金は高いが,それほど乗客は混雑していないので,ちょっとした東京見物をするのにお薦めである.最後は羽田空港の飛行機を展望デッキで見学して締めくくれば,結構充実したものとなる.

新宿駅西口から羽田空港までのルート(新宿→浜崎橋JCT)

新宿駅西口から羽田空港までのルート(浜崎橋JCT→羽田)

レインボーブリッジから都心方面を眺める

新橋駅烏森口宝くじラッキーセンター(宝くじ売り場)【東京考察#241】

The Shimbashi station Karasumori exit lottery lucky center ( The lottery counter )



烏森口前の「ニュー新橋ビル」の1階にある
「大当たりの名所」とも書かれている

 


 今年もまた年末ジャンボのシーズンがやってくる.都内で最も多くの高額当選を出している宝くじ売り場は「西銀座チャンスセンター」であるが,それ以外にも高額当選を多く出している有名な売り場がある.高額当選が多く出ているということは,確率的に言えば多くの宝くじ枚数を販売しているということなのであるが,どうせ買うのなら,やはり大当たりの出ている売り場から購入したいと思うのは,人情というものであろう.
新橋駅烏森口宝くじラッキーセンターもそのひとつ.新橋の烏森口といえばサラリーマンの聖地であり,目の前にドンとそびえるニュー新橋ビルを思い浮かべるが,そのニュー新橋ビルの1階に売り場がある.よくサラリーマンやおやじ達がインタビューをされているSLの置かれている広場は,日比谷口と呼ばれる出口であり厳密にいうと烏森口ではなく,烏森口はさらに南側にある出口のことを指している.宝くじ売り場は,その南側の烏森口の前に存在している.朝は6時(土日は7時)から販売しており,夜も遅く(22時~23時頃)まで開いているので,残業で遅くなっても大丈夫である.
 
ニュー新橋ビルの1階部分にある

改札を出て,烏森方面の出口へ歩いていくと,目の前が売り場となる.

新橋駅烏森口

SL広場のある出口は日比谷口
売り場は南側(左方向)の烏森口となる
このページを見た方に,1等があたりますように・・・