「台東区」タグアーカイブ

谷中七福神めぐり(修性院・長安寺)【東京考察#309】

The Yanaka Seven Gods of Good Luck traveling


前のページへ(No.308 谷中七福神めぐり(東覚寺・青雲寺))
 谷中七福神は江戸最古の七福神と言われている.七福神めぐりとは「恵比寿」・「大黒天」・「毘沙門天」・「弁財天」・「福禄寿」・「寿老人」・「布袋尊」の七神が祀られている寺社をめぐって,家内安全や商売繁盛,縁結びなどの「万幅招来」を祈願するために,室町時代に京都から始まって,江戸時代に全国に広まり,お正月に参拝するものである.この期間には御神体を御開帳し,御朱印を授けてもらえる.七福神は人々に幸福をもたらす神として古くから信仰の象徴とされていて,この谷中七福神巡りを終えたあとの心のすがすがしさ,心のスッキリ感は何とも心地よい.
谷中七福神の御開帳,御朱印は,1月1日(元旦)~1月10日まで(2011年以降.かつては1月15日まで実施していた),時間は9時~17時まで行われる.谷中七福神御朱印和紙1000円をまずは購入(各寺で購入できる)し,各寺で御朱印を受ける際に200円ずつ納める.総距離は約5kmとなっていて,単純に計算すると約1時間30分で歩けそうであるが,寄り道などしていると結構時間の経つのが早くて,最低でも時間は3時間程度を見ておいた方がよい.(時間が短いと,御朱印をもらうためだけに急いで歩いているだけの感じがしてしまい,歩くことが楽しめなくなると思う)


青雲寺→修性院 (約0.1km 約2分)

青雲寺から修性院までは,細い路地を歩いてすぐのところにある.
100m約2分でつく.

塀に布袋尊のイラストが現れたら修性院となる.
<布袋尊・ほていそん>
③修性院・しゅしょういん
ご利益:大量

修性院の入口.
江戸時代,このあたりは「ひぐらし(日暮らし)の里」と呼ばれ,
花を楽しむ人々で賑わったところでもある.
修性院も,青雲寺とともに,花見寺として賑わっていた.

修性院の本堂.
参拝と御朱印をもらう人々で賑わっている.
布袋尊は約200kgもあるという巨大なもので,存在感がある.
「ひぐらしの布袋」として本堂内にて拝むことができる.
 
境内に移動カフェがある.コーヒー200円
日蓮宗のロータスカフェ.お寺とカフェのコラボレーション.


修性院→長安寺 (約0.7km 約13分)
 
修性院を出てすぐ左側に「富士見坂」がある.
今でも上にあがると,富士山が軸線上に見える.

残念ながら富士山は望めなかった.霞がないと,
街灯の富士山デザインの所(ビルとビルの間)に見える.

密集した住宅街となっている西日暮里

そして,谷中銀座となる.
外国人観光客もチラホラ歩いていて,
下町情緒たっぷりの商店街である.

階段を登って振り返ると,
よくテレビでもおなじみの「夕焼けだんだん」の風景となる.
猫がひなたぼっこしていた.

谷中の標記は,さすが多言語.

谷中らしい建物が現れてきた.
<寿老人・じゅろうじん>
④長安寺・ちょうあんじ
ご利益:長寿

長安寺には寿老人が祀られている.
1669(寛永9)年老山和尚による創建.
長安寺の寿老人は,徳川家康が納めたと言われており,等身大の寄木彫刻である.

乳母車を押して,子供達と一緒に,
家族連れで回っている人も見かける.

本堂内で御朱印をいただく.
次のページへ(No.310 谷中七福神めぐり(天王寺・護國院・不忍池弁天堂))

谷中七福神めぐり(東覚寺・青雲寺)【東京考察#308】

The Yanaka Seven Gods of Good Luck traveling


七福神

 


 谷中七福神は江戸最古の七福神と言われている.七福神めぐりとは「恵比寿」・「大黒天」・「毘沙門天」・「弁財天」・「福禄寿」・「寿老人」・「布袋尊」の七神が祀られている寺社をめぐって,家内安全や商売繁盛,縁結びなどの「万幅招来」を祈願するために,室町時代に京都から始まって,江戸時代に全国に広まり,お正月に参拝するものである.この期間には御神体を御開帳し,御朱印を授けてもらえる.七福神は人々に幸福をもたらす神として古くから信仰の象徴とされていて,この谷中七福神巡りを終えたあとの心のすがすがしさ,心のスッキリ感は何とも心地よい.
谷中七福神の御開帳,御朱印は,1月1日(元旦)~1月10日まで(2011年以降.かつては1月15日まで実施していた),時間は9時~17時まで行われる.谷中七福神御朱印和紙1000円をまずは購入(各寺で購入できる)し,各寺で御朱印を受ける際に200円ずつ納める.総距離は約5kmとなっていて,単純に計算すると約1時間30分で歩けそうであるが,寄り道などしていると結構時間の経つのが早くて,最低でも時間は3時間程度を見ておいた方がよい.(時間が短いと,御朱印をもらうためだけに急いで歩いているだけの感じがしてしまい,歩くことが楽しめなくなると思う)


田端駅→東覚寺 (約0.4km 約8分)

まずは,JR田端駅(北口)からスタート
改札口前には「谷中七福神巡り」の張り紙が貼られていた.
改札を出て左に歩いていくと,福禄寿が祀られている「東覚寺」がある.

<福禄寿・ふくろくじゅ>
①東覚寺・とうがくじ
ご利益:人望


室町中期の1491(延徳3)年に創建された寺.
写真にちょっと赤く写っているのは,一対の仁王像であり,
病の場所に赤紙を貼ると治ると言われている「赤紙仁王」.

入って左手の建物で,七福神の描かれた和紙(1000円)に
ここの御朱印(200円)が押された御朱印和紙を購入した.
御朱印和紙を購入すると,谷中七福神のマップももらえる.
これを見ながらゴール(上野不忍池弁天堂)を目指すことになる.

東覚寺本堂.中に御開帳された福禄寿が祀られている.
このお寺の福禄寿は杖と宝珠を持って,金襴の冠をかぶっており,両手で経巻を握っているとか.
 
東覚寺本堂の細い脇を通ると,裏側に日本庭園がある.


東覚寺→青雲寺  (約1km 約18分)

マップを見ながら住宅街の中を歩いていく

地図にも記載されている「千歳湯」
右側にある煙突が途中でなくなっているので,
廃業しているのかと思ったが,今はガスで湧かしている銭湯とのこと.

御朱印和紙は,折り目をつけたくないので,
このように丸めて持ち歩いた.
筒があると便利かも.

狭い路地を左に曲がると旗が見えて青雲寺となる.
<恵比寿・えびす>
②青雲寺・せいうんじ
ご利益:正直

青雲寺の本堂.
中に恵比寿神が祀られていて,御開帳時には拝むことができる.
宝暦年間(1760年頃)に興されたと伝えられているが,
現在の本堂は,第二次世界大戦の空襲で焼失したため,1960(昭和35)年に再建されたもの.
 
御朱印をもらうところには行列ができる.
本堂で参拝してから御朱印の列に並ぶ.

御朱印の他に「スタンプ」もある.
御朱印は200円かかるが,スタンプは無料で押印できる.
両方押している人も多かった.

私の御朱印和紙.
2つの七福神を拝んだ.あと5つ.
次のページへ(No.309 谷中七福神めぐり(修正院・長安寺))

2010年師走の東京スカイツリー(建設中)【東京考察#307】

“Tokyo skytree” in the end of the year in 2010 ( Now constructing)

 


 着々と建設が進んでいる東京スカイツリー.2010(平成22)年の師走のスカイツリーをお届けする.第2展望台も見えてきて,アンテナ部分の建設が634mを目指してこれから進む.高さは約500m(写真撮影当時)に達している.

隅田公園西岸から撮影した東京スカイツリー
鉄橋は東武鉄道の橋梁.

隅田川西岸は,桜のシーズンには
お花見スポットとして有名である.

カメラを構える人が多い.

水上バスのりばがある吾妻橋
撮影する人など人で賑わっている.
浅草にとっても,スカイツリーは大きな起爆剤.

みんなスカイツリーを見ている(撮影)している人

 

観光路線バス「東京・夢の下町」【東京考察#282】

Torism local bus “Tokyo and The downtown of the dream”


観光路線バス「東京・夢の下町」

 


 初めて東京を訪れる人でも気軽に都内の名所を巡れるように,2008(平成20)年4月より都バスで運行を開始した路線バスが「東京・夢の下町」号である.東京駅丸の内北口から日本橋,須田町(秋葉原電気街),上野公園下,菊屋橋(かっぱ橋入口),浅草雷門を経由して両国駅前までを結ぶ路線で,9時から18時まで30分間隔で運行されている.近年増加している外国人観光客にも対応できるように,車内放送やTVモニターでは日本語・英語・韓国語・中国語による案内がされ,車内に置かれている案内パンフレットも他言語版が用意されている.一般の都バスと同じ扱いなので,一日乗車券やパスモなどのIC乗車券でも乗れる.車両デザインは,首都大学東京との産学連携によるオリジナルデザインのバスを使用し,車体はステンレス製で塗装がないものとなっている.
 
車内に付いているTVモニター
映像と共に多言語で案内が流れる

車内 基本的には横に向いて座るロングシートタイプ

出入り口脇には,多言語のパンフレットが置かれている.

こちらは英語版のマップ

ディープな上野公園(社寺編)【東京考察#277】

The details in Ueno Park ( The shrine Buddhist temple )


 もともと上野公園は,江戸の三代将軍・徳川家光が鬼門を封じるために東叡山寛永寺の敷地であったが,戊辰戦争において寛永寺に立てこもった旧幕府軍を新政府軍が攻めたことにより,焼け野原となっていた.その場所に医学校と病院を建設する予定であったが,上野の山を視察したオランダ医者のボードワン博士が,公園として残すよう日本政府に働きかけて,1873年に日本初の公園に指定されたものである.現在では,春になると桜の名所となり,様々な博物館が建ち並び,上野動物園もあって,文化芸術の森となっているが,じっくり公園を歩いてみると様々な銅像や社寺があることに気づく.普段は見逃してしまいそうな,そんな上野公園を改めて散策した.こちらは社寺編となる.
 
上野東照宮 唐門と銅灯籠
 藤堂高虎が上野の屋敷内に,徳川家康と追慕して家康を祭神とする宮祠を造った.これが上野東照宮の創建といわれている.現在の社殿は1651(慶安)4年に3代将軍家光が大規模に作りかえたもので,現在に至っている.国の重要文化財に指定されている.唐門は日本には一つしかない金箔のものである.灯籠は神事や法会を行うときの浄火を目的としているが,上野東照宮には50基ほどの銅灯籠があり,これは諸国の大名が納めたものとなっている.竿の部分には寄進した大名の姓名と官職名・年月日などが刻印されている.
 
尊顔のみ残った上野大仏
 上野大仏は,1631(寛永8)年に越後の国村山城主・堀丹後守直寄公旧自邸内であったこの高台に,戦乱に倒れた敵味方将兵の冥福を祈るために土で釈迦如来像を建てたのが始まりで,その後火災によって,1841(天保12)年に大仏を新鋳したものである.1923(大正12)年の関東大震災によって仏頭が落ちて寛永寺にて保管されていたが,第二次世界大戦により体が献納されて尊顔のみが残っていた.1972(昭和47)年に,尊顔を再び旧地に迎えて再建したのが,現在の上野大仏となっている.
 
花園稲荷神社
 安産・縁結びの神といわれている花園稲荷神社.
 
五條天神社
 学問の神様となる天神社である.
 いずれの施設も,上野公園に隣接しており,日本文化が身近に感じられるとあって,外国人観光客が多く訪問している.

ディープな上野公園(銅像編)【東京考察#273】

The details in Ueno Park ( The statue )


野口英世像


 もともと上野公園は,江戸の三代将軍・徳川家光が鬼門を封じるために東叡山寛永寺の敷地であったが,戊辰戦争において寛永寺に立てこもった旧幕府軍を新政府軍が攻めたことにより,焼け野原となっていた.その場所に医学校と病院を建設する予定であったが,上野の山を視察したオランダ医者のボードワン博士が,公園として残すよう日本政府に働きかけて,1873年に日本初の公園に指定されたものである.現在では,春になると桜の名所となり,様々な博物館が建ち並び,上野動物園もあって,文化芸術の森となっているが,じっくり公園を歩いてみると様々な銅像や社寺があることに気づく.普段は見逃してしまいそうな,そんな上野公園を改めて散策した.こちらは銅像編となる.
 
安井誠一郎像
 JR上野駅の公園口を降りて横断歩道を渡り,東京文化会館の脇に設置してある銅像は,戦後初代の東京都知事となった安井誠一郎像である.戦後の東京復興,東京オリンピックの招致など,12年間にわたって知事を努め,この偉業を偲んで1966(昭和41)年に当時の東龍太郎知事が設置したものである.
 
試験管を振る野口英世像
 噴水広場の奥,国立科学博物館脇の散策路に立つのが世界的に有名な細菌学者・野口英世像である.1876(明治9)年に福島県猪苗代町で生まれ,その後中南米やアフリカに赴いて黄熱病の研究に努めたが,自ら黄熱病にかかってしまい1928(昭和3)年に53才で没した研究者である.銅像建立の活動は,当初,福島県三春町出身の玉応不三雄という人物が行っていたが,その後,日本医師会北里研究所野口英世記念会などの活動により1951(昭和26)年,現在の場所に建立された.
 
上野公園を提唱した生みの親「ボードワン博士」
 ボードワン博士はオランダ軍医の講師として,1862~1871(明治4)年まで滞在していた.ここは東叡山寛永寺の境内であり,幕末の上野戦争で荒廃したため,病院の建設計画があがっていたが,すぐれた自然が失われるのを惜しんで政府に公園造りを提言したのがボードワン博士である.そして,1873(明治6)年に日本で初めての公園が誕生することになり,いわはボードワン博士は,上野公園の生みの親と言われている.この像は上野恩賜公園開園百年を記念して1973(昭和48)年に建てられたが,製作の手違いにより弟の写真を基にした像が置かれていて,2006(平成18)年に本人の像に置き換えられた経緯がある.
 
女性の像
 噴水広場脇の散策路にひっそりと佇む女性の像であるが,特に説明書きもなく由来などは不明である.太もものコンクリートがはがれ落ち,芸術の森ということで作られた像なのだろうか?
 
小松宮彰仁親王銅像
 彰仁親王は,伏見宮邦家親王の第八王子である.1868(慶応4)年の鳥羽・伏見の戦いに征東大将軍として参戦し,会津征伐越後口総督となって戊辰戦争に従軍している.1877(明治10)年の西南戦争の負傷者救護団体として創立された博愛社(のちの日本赤十字社)の総長に就任し,以後赤十字活動の発展に貢献していった.銅像は1912(明治45)年に建てられたものである.

忘れてはいけない西郷隆盛像
 西郷隆盛の詳しい説明は省くが,上野公園で最も有名な銅像であろう.この銅像は高村光雲によって彫られた銅像で1897(明治30)年に完成した.

浅草仲見世(雷門から浅草寺まで)【東京考察#271】

Asakusa Nakamise ( To Senso-ji from Kaminarimon )


雷門の提灯


 浅草仲見世は,日本で最も古い商店街の一つで,江戸時代の浅草寺への参拝客に対して出店を行ったのが始まりである.その後,変遷を得て現在のような姿となっている.約250mの直線道路に,約90店舗が並んでおり,日本のみならず海外からの観光客で賑わっている.2008年師走の様子を撮影した.

雷門から仲見世へ.雷門は観光客の撮影ポイント.
右に風神,左に雷神が祀られている.(風雷神門)

雷門の真下
 
とにかくすごい人
正月前なので装飾も華やか
==今回は「食い倒れ」と行きましょう==

浅草名物「人形焼き」は半額サービス

「あったか甘酒」は1杯100円

「串ぬれおかき」も1本100円
これ,せんべい餅を柔らかくして串に刺したもので,
独特の食感が美味しい.
 
「よもぎ餅」 程良いあんこが美味.
 
「あげまんじゅう」も1個100円
抹茶やごま,梅などもある.

「手焼きせんべい」は門前町の定番

「ちょうちんもなか」には行列が...

富士山の初日の出が見えると,まもなく浅草寺

浅草寺

お線香の煙を浴びる

お参り

不忍池(上野)【東京考察#260】

Shinobazunoike ( Ueno )


不忍池


 不忍池(しのばずのいけ)は,上野恩賜公園の南端にある池である.周囲は約2kmで,北側には上野動物園がある.中央には弁才天を祀っている弁天島(中之島)があり,池の真ん中に遊歩道が走っている.不忍池はこの遊歩道で3つに分けられており,蓮で覆われる蓮池,ボートの浮かぶボート池、鵜が棲息している池がある.渡り鳥も含めて,数十種類の鳥がみられ,春になると桜の花で遊歩道が満開となり,上野にある水辺のオアシスとして存在している.水質浄化のため,水を循環させるためのばっ気装置などが付けられている.

のんびり散策にはもってこいの不忍池

蓮が浮かぶ蓮池(写真では見えないが)
 
様々な鳥を見ることができる

春になると遊歩道は桜のトンネルとなる
 
ボート池では足こぎボートに乗れる
1時間600~700円

弁天島にある弁財天(弁天堂)

花見シーズンには出店も出てお祭り気分
外国人観光客も多い

上野公園の上から見た弁天堂と参道

(余談・・・)
 
2008(平成20)年4月21日に
50年間の歴史に幕を閉じたレストラン「聚楽」(上野百貨店)
また,上野らしさが消えることとなる.
(反対側の旧京成本社跡地には大きなヨドバシカメラ・マルチメディア上野店がオープンした)

旧岩崎邸庭園(池之端)【東京考察#259】

The old Iwasaki mansion garden ( Ikenohata )


岩崎邸庭園入口


 旧岩崎邸は,1896(明治29)年に三菱財閥の創設者である岩崎家本邸として建てられたもので,イギリス人のジョサイア・コンドルによって設計された.近代日本を代表する西洋木造建築で,ジャコビアン様式の装飾が施されており,1999年に重要文化財に指定されている.十年余りの修復作業ののち,2001(平成13)年に開園した公園である.上野駅から不忍池を通って池之端に向かうと,この洋館のある庭園があり,上野のアメ横の雰囲気とはまた違った上野が楽しめて面白い.開園時間9時~17時まで,入園料大人400円,年末年始以外年中無休.
 
洋館.1896(明治29)年に完成したもの.

エントランス.電球色のほのかな灯りがいい.

大きな鏡がある.

スチーム.古い洋館にはつきもの.
ヨーロッパで古いホテルに泊まるとありそうな感じ.

角のスペースをうまく使っている小便器(男性用)

やっぱり電球色はいい.

洋館から和館への廊下

和館の和室

和館ではちょっとした茶菓が食べられる

ビリヤード場(撞球場)
洋館から地下道でつながっているとか.

袖塀にある三階菱
岩崎家の家紋となっている.
現在の三菱マーク(社章)の原形.

 

上野駅低いホーム【東京考察#252】

The home with the low position which is in Ueno station


上野駅低いホーム


 上野駅低いホームは13~17番線のことを指し,宇都宮・高崎線の一部普通列車と,東北本線・常磐線等の特急や寝台の優等列車が発車する.新幹線が開業する前までは,東北方面の優等列車が発車するホームで,各方面への乗客で大変な賑わいを見せていたホームであった.東京にある駅の中で,ヨーロッパのような串刺し式の終着駅の雰囲気が味わえる駅である.「低いホーム」とは,1~12番線(山手線・京浜東北線・常磐線・宇都宮線・高崎線)までの高架上の駅(「高いホーム」「高架ホーム」)と区別するための呼び名であり,上野駅は2階構造になっているのである.石川啄木の「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを 聴きにいく」という歌は有名である.
 
中央改札口を通るとその奥が低いホームとなる

低いホーム
左側が13番線,右側が17番線と新幹線改札口

上部に見えるのが12番線(常磐線)の高いホーム
吹き抜けで,高いホームと低いホームが一部同じ空間となっている.

北斗星が到着した13番線

終着駅なので車止めがある

石川啄木の歌碑
「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを 聴きにいく」

家族で特急スーパーひたちを見学

特急のホーム(16・17番線)には特急券を拝見する改札口がある

ずらずら並ぶ電光掲示板は終着駅という感じになる.